財産分与の相場

※)私は専門家ではありません。経験したことを書いているだけなので、正確なことは専門家にご相談下さい。

財産分与とは、結婚してから築き上げてきた「財産」を、夫婦で「分与する」ことを意味します
財産分与には、「専業主婦で、働いてこなかったから、財産分与はない」などのような「勘違い」をしている人も多いようですが、そんなことはありません。専業主婦でも、財産分与があります。
というわけで、ここでは、財産分与に関する疑問について書いていきます。

スポンサード リンク


財産分与について

◆財産分与の相場は?

ネットで調べただけの知識ですが・・・専業主婦(専業主婦)なら、2〜5割、共働きなら5割が相場のようです。
ちなみに、夫婦の財産は「半々」というのが原則で、専業主婦(専業主婦)は、その働き次第で、取り分が減るのが最近の主流だそうです。

◆浮気した嫁が財産分与を請求してきた!

ぶっちゃけ、育児放棄して、浮気して、遊びまわっている妻にも、財産分与する必要があります。つまり、相手がどれだけ悪くても、財産分与する必要があります。
ただ、浮気の代償は、「慰謝料」で請求できますので、実際は、財産分与と慰謝料を相殺するようです。たとえば、「浮気・育児放棄の妻へ財産分与で200万円支払う。でも、慰謝料で、250万円貰う。なので、合計で、相手から50万円もらう」のようなイメージになります。

◆親からの援助や結婚前に持っていたお金は?

あくまで、夫婦で築いた財産を分けるという意味合いなので、親からの援助や結婚前に持っていたお金は、財産分与の対象にはなりません。
たとえば、結婚前から夫が所有しているマンションに暮らしていても、このマンションは、夫の所有物なので、財産分与の対象にはなりません。あくまで、結婚してからできた財産が、財産分与の対象になります。

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク