離婚調停をする方法

実際に離婚調停をするまで、「離婚調停って、大変なの?手続きに、手間がかかるんでしょ?」「裁判って得体の知れないものだから、不安」などのように感じていました。
しかし、実際に、離婚調停をしてみると、「え?これで終わり?」というくらい簡単に手続きができました。
というわけで、離婚調停をする方法を紹介します。
※)離婚調停を薦めているわけじゃないですよ。

スポンサード リンク


離婚調停する手順


1.まずは、相手の管轄の家庭裁判所を調べます。注意すべき点は、離婚調停を起こす側の管轄の家庭裁判所ではないということです。たとえば、夫(千葉県)が、妻(大阪市)に調停を起こす場合は、大阪市を管轄する家庭裁判所で調停が進められます。

2.市役所に「戸籍謄本」を取りに行きます。ちなみに、戸籍謄本は、「本籍」の市役所に行く必要があります。私の場合は、本籍が「船橋市」で、住所(住民票の住所)が「市川市」なので、船橋市の市役所までいきました。なお、戸籍謄本をとるときに、免許など、本人確認ができるものが必要です。

ちなみに、戸籍謄本は、(船橋は)450円と微妙に高いですね。紙切れなんですけどね。

3.同じく市役所で「住民票」を取りに行きます。ただ、必ず必要かどうかわかりません。私の管轄の家庭裁判所では「住民票」が必要だっただけです。というわけで、念のために、管轄の家庭裁判所に電話して、どういう書類が必要か聞いた方がいいと思います。ちなみに、本籍と住所(住民票の住所)が違う場合、住所(住民票の住所)の管轄の市役所に行く必要があります。

ちなみに、住民票は、300円でしたね。

4.以下で、書類をダウンロードして、記入します。ちなみに、以下でダウンロードしなくても、家庭裁判所にいけば、書類をくれます。書いて行けば、すぐに書類を提出できるだけです。
http://www.courts.go.jp/saiban/
tetuzuki/syosiki/syosiki_01_23.html



5.相手の管轄の家庭裁判所に、2〜4を持っていきます。
※)ちなみに、「相手の」というところがミソです。離婚の原因を作った側は、離婚したいという申請ができなかったはず。だから、離婚の原因を作っていない「善」が、わざわざ、離婚の原因を作った「悪」の近所で裁判をしないといけないという矛盾があるわけですね

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク