離婚調停の費用は?

私の場合、離婚調停にかかる費用は、以下でした。

・戸籍謄本:450円
・住民票:300円
・印紙税:1200円
・切手:80円が10枚、10円が10枚の「計900円」
・交通費
※)原則、相手がいる住所(相手が実家にいる場合は、相手の実家の住所など)を管轄している家庭裁判所までいく必要があります。ただ、夫婦で、「××の家庭裁判所にする」などのように、合意すれば話は別です。

どれだけ多く見積もっても、5000円もかかりませんでした。

スポンサード リンク


離婚調停で弁護士に相談する場合の費用は?

有利に離婚調停を進めようと思っていて、かつ、自分で調停について、色々、調べる自信がない場合は、調停の前、調停中に、弁護士に相談するといいでしょう。
公的な機関が実施している無料の相談会を利用するといいでしょうね。無料ですし。
私の場合は、近所の弁護士に話を聞きにいったのですが、30分5000円でした。
なので、弁護士に相談に行く前に、ポイントを整理していった方がいいですよ。

離婚調停で弁護士に代理をお願いする場合の費用は?

相手が遠隔地にいて、自分で調停をするのが難しくて、弁護士に代理をお願いする場合は、「弁護士費用」もかかります。
この場合の費用は、ピンキリです。弁護士によります。
※)しかも、私の場合、弁護士費用がどのくらいになるのかは、電話では教えてくれませんでした。

私が聞いた弁護士事務所では、親権をとるかどうかなどの「難易度」で、弁護士費用が変わるそうです(親権を主張する場合は、通常の弁護士費用よりも、10〜20万円くらい高かったです)。

なお、報酬は自由化されているので、弁護士によって費用が異なります。後々のトラブルを避けるために、きちんと費用を聞くようにしましょう(実際、トラブルがあるようです)。
弁護士は正義の使者ではありませんので、万が一、「変だぞ」と思えば、「弁護士会」に連絡しましょう。

ちなみに、調停は、原則、本人同士の話し合いなので、相手が遠隔地に住んでいるなどのような事情がない限り、弁護士を雇っても、効果がないんだそうです。
なので、個人的には、調停から積極的に出てこようとする弁護士は信用できないと思っています。
調停の最中で何かあっても、相談で十分かなと。

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク