夫婦財産契約とは?

結婚してから築き上げた財産は、夫婦の2人のものです。
つまり、離婚をするとき、家事・育児を放棄して、遊びまわっている配偶者、不倫や浮気をした配偶者にも、財産を渡す必要があるのです(もっとも、財産分与は、慰謝料と合算して支払われることが多いので、金額は低いとは思いますが)。
そこで、登場するのが、夫婦財産契約です。

スポンサード リンク


夫婦財産契約で、離婚の金銭問題を解決

夫婦財産契約とは、簡単に書くと、結婚する前に、「旦那の給与の何パーセントは、旦那の財産だから、離婚しても財産分与しないよ」「嫁がパートで得た収入は、嫁の財産だから財産分与はしないよ」などのような取り決めをすることです。

夫婦財産契約をすることで、離婚のときの「財産分与」がスムーズにできるようになります。
結婚前に、離婚を想定した「夫婦財産契約」をするのは、違和感を感じるかもしれませんが、世の中、何が起きるかわかりませんからね。

ちなみに、私の場合は、恋愛結婚だったので、以前は「夫婦財産契約は、やりすぎだよ〜」と思っていましたが、離婚のときに、たとえば、元嫁の親が、「お金をあるだけ出せ!」とか、ほざいていたり、悪徳弁護士(笑)が、1円でも高くお金を請求しようとしていたりしていた姿をみて、夫婦財産契約も有効かなと思うようになりました。

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク