モラルハラスメントとは?

※)私は専門家ではありませんが、モラルハラスメントの被害者から、モラルハラスメントの体験談を、徹底的に聞いたり、自分で調べたりした結果、ある程度、モラルハラスメントとは、どういうものなのか、わかってきました。ここでは、私がわかったことについて書いていきます。

モラルハラスメントとは、簡単にいうと、家庭内で行われる「精神的なイジメ」のことです。モラルハラスメントは、略してモラハラと言われることがありますし、モラハラを行う夫のことを、モラ夫、モラハラ男、モラ男、モラなどということがあります。

ただ、モラルハラスメントは、他のイジメとは、全く性質が異なります。どのように違うのかというと、モラルハラスメントの加害者は、程度の差こそあれ、「型」にはまったように、同じ行動をするのです。
これを逆から考えれば、「どのような行動をすれば、モラルハラスメントの加害者なのか」がわかっていきます。

スポンサード リンク


モラルハラスメントの特徴


モラルハラスメントの加害者は、程度の差こそあれ、以下の特徴のほぼすべて兼ね備えているはずです。

◆1.モラルハラスメント加害者は、一切、暴力をふるいません。

◆2.モラルハラスメント加害者の一番の特徴は、「相手を思いやる心がない」というものです。
具体的に、配偶者が風邪などの病気になれば、普通は、「病院に行きなよ?」などと言ったりして、心配しますが、モラルハラスメント加害者は、病気になった加害者を責めます。責めないまでも、関心を持ちません。
私が聞いた話を紹介します。
モラルハラスメント被害者は、毎朝、加害者と一緒に、駅まで1時間くらい歩いて、通勤していたそうです。しかし、ある日、被害者は、風邪をひいて、動けず、布団に寝ていました。すると、被害者を、「歩けば治るよ!」などといい、1時間、歩かせたそうです。流石に被害者は体が辛いので、途中で帰るといえば、加害者は、一切、心配することなく「じゃあ!」と言って、そのままいなくなったそうです。
結局、加害者は、自分が歩いていきたいという気持ちしか持っていないわわけですね・

◆3.モラルハラスメントを行う配偶者は、相手を、自分の意のままに操ろうと、相手を貶めて、支配してきようとします。具体的に、どのようにするのかというと、相手に対して、「無視」「ため息」「頭が悪いなどのような暴言」「定期的に、理不尽に、怒鳴る(正統な理由もなく怒鳴るようです)」など、精神的な苦痛を味じわさせて、マインドコントロールしようとします。
具体的には、ある日、家に帰ってきたら、「クーラーの電源をつけなかった」と怒り、相手に非があると認めさせ、違う日には、「クーラーの電源をつけた」ことに怒り、再び、相手に非があると認めさせるような感じです。
つまり、モラルハラスメントを行う人間にとっては、怒るネタは何でも良く、自分の思い通りに相手を動かせるように、精神的な暴力をふるい、上下関係を植えつけて、マインドコントロールをしようとします。

◆4.モラルハラスメントを行う配偶者は、外面を気にするので、外では、優しく、周りには理想的な配偶者にみえます。結婚式や、葬式など社会的な儀式には、積極的に参加するようです。また、モラルハラスメントを行う人は、弁護士、大企業のサラリーマンなど、キチンとした仕事に就いていることが多いようです。

◆5.モラルハラスメントの加害者は、同情をひくために、相手に、自分が如何に不幸だったのか話すようです。特に、男性の場合、普通の人なら、相手に弱みを見せまいとして、この手の話はしないですが、モラルハラスメントの加害者は積極的に、同情をひくような話をします。

◆6.モラルハラスメントの被害者が逃げだそうとすると、加害者は、まずは、泣いて、わめいて、ひきとめようとします。私が聞いたところでは、「自殺する」とメールしたり、実際に「手首をきる写真」を送ったりすることもあるようです。
もし、モラルハラスメントの被害者が普通の精神状態なら、加害者が、周りを気にせずに、泣くところに、ドン引きすると思いますが、モラルハラスメントの被害者は、マインドコントロール下にあるので、加害者が泣いている姿をみて、自分が悪いと思い込んで、罪悪感を感じてしまいます。
この罪悪感に悩まされて、加害者の元から逃げれないわけです。

◆7.それでも、無事、被害者が加害者の元から逃げだすことができれば、加害者は、今度は、「攻撃」に転じます。
具体的には、嫌な気分にする手紙などを送りつけてきます。
泣いて「別れないでほしい」と、すがっていた癖に、華麗に(笑)、攻撃に転じるところが凄いです。
ちなみに、なぜ、モラハラ加害者は、攻撃に転じるのかというと、7に書いてあるように、自分が被害者だと思っているためです。常に、自分が大切なのです。

◆8.モラルハラスメントの加害者は、自分が加害者とは絶対に思いません。逆に、被害者が加害者の元から逃げたら、「精神的な苦痛を味わった」ということで、裁判を起こしてくることもあります。よって、モラルハラスメントの加害者と別れる場合、細心の注意を払う必要があります。

◆9.モラルハラスメントの加害者は、自分こそが正しいと思い込んでいます。

◆10.モラルハラスメントの加害者は、ナルシストです。加害者は単なるナルシストではなく、世界には、自分以外の人間は存在していないようです。


なぜ、モラルハラスメント加害者は、モラハラをするのか?

モラルハラスメントの特徴を読んだ人の中には、「ちょっと、当てはまるところもあるけど・・・全部は、当てはまらないよ!全部、当てはまる人はいるの?」と思った人もいるかもしれません。

しかし、実在するのです!

なぜ、モラルハラスメントの加害者は、このような行動を起こすのかというと、主に「自己愛性人格障害」のためだと言われています。
つまり、モラルハラスメントの加害者は精神病というわけですね。だから、普通の人には考えられない行動を繰り返すというわけです。

ちなみに、ストーカーには、色々なタイプがいますが、そのタイプの1つに「自己愛性人格障害」というものがあります。
つまり、モラルハラスメント加害者は、ストーカーを併せ持つこともあるので、要注意です。
しかも、モラルハラスメント加害者は、知能が高いことが多いので、巧妙にストーカー行為をしてくることもあるので、要注意です。



モラルハラスメントは法的に保護されるべき!

以上のように、モラルハラスメントの加害者は、人格障害で、普通の人ではなしえない行動を繰り返します。
なので、個人的には、モラハラは、DVと同じく、保護されるべきだと思っています。
ただ、残念なことに、モラルハラスメントではないのに、モラルハラスメントと騒ぐ人がいるので、本当のモラルハラスメントの被害者は保護されないということも起きかねないのが、現状です。
少しでも、正確なモラルハラスメントを知らせるためにも、ぜひ、このページを広めていただけると幸いです。

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク