実家依存による離婚は他人事ではなかった!

昔、勤めていた会社の話です。

後輩の女性が、後輩の男性と付き合っていました。
この2人のうち、女性の方と、よく話していたのですが、その女性、いつ話しても、楽しそうに「その後輩(彼氏)との『のろけ話』」をしていました。
確かに、後輩(彼氏)は、温和な性格で、職場でも人気があったので、「そりゃ、のろけるわ〜」「ラブラブだな〜」と思っていたのですが・・・

ある日、この後輩の女性は会社を辞めてしまいました。
そして、時が経ち、この後輩のカップルは、めでたく、結婚したという話が。

「良かった、良かった」と思っていたのですが、なんと、結婚して、すぐ「離婚した」という話が!!
そして、後輩(女性)は、実家に帰ったとのことでした。

「なぜに、離婚!?」
というより、あれだけラブラブだったのに、常識では考えられないくらいのスピード離婚。
なぜ???

スポンサード リンク


「違和感」があった親の発言

そういえば・・・

いつも、後輩(女性)は、「実家に帰りたい」と言っていました。
そして、私が、その女性に(その女性が実家に帰りたいと言っていることについて)「両親は何って言っているの?」と聞いてみたところ、「『働かなくてもいいから、家に帰っておいで!』と言っている」と・・・

普通の親なら、「どのような仕事でも、仕事は辛いものだよ。また、一人暮らしは、さみしいものだよ。でも、自分の成長のために、少々、辛くても、まずは歯を食いしばって、頑張りなさい!もし、それでも駄目なら帰っておいで。」のように言うんじゃないのかな〜と「違和感」を感じつつも、そのときは、「箱入り娘なんだな〜」くらいにしか思っていなかったのですが・・・

実は、この後輩(女性)は、かなりの実家依存でした。
つまり、離婚は、後輩(女性)の「実家依存」が原因だったようですつまり、旦那は男性として問題がないのに、実家に帰りたいが故に、離婚したのです。

本当に、実家に帰りたいが故に、何ら問題がない男性と離婚することがあるのでしょうか。
私の体験談を紹介します。

私のケース

嫁は、温和な性格で、滅多なことでは怒りません。また、かなり純粋で、友達の悪口さえも、聞いたことはありません。
はじめは、「いい子だな」と思っていたのですが、嫁の家庭が異常でした。

たとえば・・・

私は誕生会は、「小学生がするもの」だと思っていたのですが、嫁の家庭では、誰かの誕生日があると、常に、家族で集まって、誕生会をしていました。
集まるのは、舅・姑、40歳近い義理の兄、その嫁、30歳近い嫁、私。集まるメンバーの中に、小さな子供がいれば、まだ誕生会をするのもわからなくはないですが、立派な大人ばかり。
「立派な成人しかいないのに、なぜ、子供がする誕生会をするの!?」と違和感を感じていたのですが、まあ、ケンカするよりも、仲がいい方がいいかなということで、黙認していました。
※)これこそが、「親が子供を巣立たせていない=子供は実家依存になる」という証拠なのですが、このときの私は気が付きませんでした。これこそが、離婚の原因なのですけどね・・・

違和感を感じはじめた出来事

そして、付き合い始めて、すぐに、舅・姑の「本性」が見えはじめてきました。
しかも、不思議なことに、義理の兄も、嫁も、それを、一切、止めようとしないのです。

私が舅と姑に我慢できなくなれば離婚!

人として許せない「数々の暴言」を吐かれても、嫁の親ですので、私は舅・姑を大切にしていました

しかし!

「人として許せない発言」を繰り返されて、ついに、私はキレたのです。
そして、嫁に怒ったところ、結果は、「私よりも、親の方が大切!」と言って、家を出て行きました・・・

なんて、ことだ・・・
私は、家族のためにすべてを賭けてきたのに、嫁の親に我慢できずに、怒っただけで、離婚になったわけです。
はじめは、信じられませんでしたが、これこそが、実家依存の怖さだったのです。
実家依存の人は、配偶者よりも、自分の子供よりも、何より、実家が大切なのです。

というわけで、実家のために、何もかも犠牲にするのが「実家依存」の怖さだと認識した次第です。

「ようやく、離婚を決意することができた」のトップページ

スポンサード リンク